上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は昨日作ったセットの壁を使って漆喰風の外壁を作りましょう

ちょっとソレっぽい材料を使います

モデリングペーストとパレットナイフもあれば便利です

P1080847s.jpg

モデリングペーストはamazonで50ml 400円前後でした
50mlだと片面がぎりぎり塗れるぐらいかな?


その他に3mm厚×幅15mm×900mmのバルサ材(2本)
プランターを作る場合はさらに1本必要

好きな色のアクリル絵の具
アクリル絵の具は服につくと取れません
筆もよく拭いてからすぐに洗わないとカチカチになっちゃいます




P1080851s.jpg

モデリングペーストをパレットナイフで壁に塗っていくんですが


P1080852s.jpg

塗ってから着色するほうが無難ですが、アクリル絵の具を混ぜても使えます



凸凹になるよう塗ったら乾くのを待つだけ
写真に写ってるのは助手の主人の手です(^-^)/

P1080853s.jpg



乾いたら、白く塗ったバルサ材で窓穴の周囲を囲います

P1080857s.jpg


開閉できない窓の場合は「キレイに剥がせる」両面テープで貼って出来上がり

P1080863ts.jpg



開閉できる窓の場合は窓枠にかからないように丁寧にモデリングペーストを塗って下さい

P1080938s.jpg


余力があればプランターも作ってみましょう(^-^)


下の画像のように箱を組み立て(バルサでも段ボールでもOK)

P1080909sx.jpg


長さ21cmにカットしたバルサを間隔をあけてボンドでつけます

ccP1080912s


好きな色を塗って

P1080917s.jpg


粘土を埋め込んで100均などで購入した造花を挿したら完成です\(^o^)/

P1080935ts.jpg



P1080947sscc.jpg



P1080923s.jpg

久しぶりのmomokoさんです

ワンピース作ってみましたが・・
・・そのうちマシになるさ・・(ホント?)


P1080927s.jpg


この素晴らしいGジャンはカフェバービーさん経由で頂いたRAZREYCROWさんの作品


momokoさんはベーカリーショップで働きながらメジャーデビュー目指す設定なんですが・・いつになるやら



P1080934s.jpg




よろしかったらどれか画像をポチして下さると嬉しいです

にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.05.05 Thu l 簡単セットの作り方 l コメント (4) l top
今日と明日で壁の両面を使ってリバーシブルを楽しみましょう


素敵ブロガーさん達の間で評判のセリアに初めて行った管理人は、その1/6グッズの充実ぶりに感激・大興奮

中でも「木枠」が定番商品で取り寄せもしてくれると言うじゃありませんか!


今までの苦労は何やったんや!
まっすぐ切れない、直角に継げないワタシの救世主
思わず大人買いしたのでした


P1080752s.jpg



さて、今回 簡単セットなので「開閉できない窓」を作ってたんですが、「開閉できない窓なんて窓じゃない、イヤイヤ」と言う声が聞こえて来そうな気もしたので、「開閉バージョン」にも挑戦してみますね(・・って出来るんやろか)



材料はセリアの木枠の他に、今回の壁は5ミリ厚(A2サイズ)のスチレンボードを使ってます
段ボールを使う場合は、そり防止のために両面とも漆喰仕上げにした方が無難かも知れません


まずは「窓が開閉できないバージョン」


木枠を3個ボンドで連ねて好みの色に着色します(例・アクリル絵の具の白)

P1080678s.jpg


取っ手に使っているのはパンやクッキーの袋を止めているアレです

P1080677s.jpg

4㎝ぐらいの長さにカットしてコの字に曲げてボンドで付けただけ



スチレンボードにソファーの背の高さに合わせて窓の穴をあけます
大きさは窓枠より5ミリぐらい小さ目にして下さいね

P1080669s.jpg


P1080704s.jpg

壁には布を貼る、着色すると、どれでもいいんですが漆喰風にしたい方は明日ご紹介する外壁編までお待ち下さい


ソファの作り方は「簡単ポップなお部屋の作り方」をご参照くださいね


カーテンは長さ50㎝、幅25~30㎝のレース地を幅5㎝ぐらいになるようにアイロンでひだを作り

P1080671s.jpg


驚くなかれ、裏からガムテープで張っただけ

P1080675s.jpg


まあ、表返せばわりませんって(イイんかい

P1080674s.jpg


窓枠を軽く両面テープで止めれば出来上がり


P1080696s.jpg


ちなみに窓の外は風景写真をコピーして貼ってもいいんですが、私はバックに背景布を使って撮影しました


P1080708s.jpg



さて お待ちかね?
窓が開閉できるバージョンの作り方です

3mm厚×幅15mm×長さ900mmのバルサ材(2本)
(外壁編のプランターを作る場合はさらに1本)

画鋲を用意して下さい




窓の開閉ができないバージョンと反対に窓枠より大きめに穴をあけます

P1080888s.jpg

周りに幅15ミリのバルサを嵌め込みます

P1080889s.jpg


窓枠を並べてみて開閉スペースの確認をして

P1080891s.jpg


狭いようなら窓穴を広げ、大き過ぎるようなら、更にバルサ材をかませて調節します

ちょうど良いようならアクリル絵の具で着色します

P1080893s.jpg


ドールハウス用の蝶番も市販されていますが、今回は簡単セットなので、画鋲を使います

P1080895s.jpg


木枠ぎりぎりに画鋲をさしこみ、高さを調節しながら枠にはめ込みます
調節できたら、画鋲の頭にボンドを縫って固定します


P1080898s.jpg




P1080903s.jpg



お疲れさまでした

明日は漆喰風の外壁を作りましょう
今日 作った壁がリバーシブルになります

材料は新たにモデリングペーストが必要です
パレットナイフもあれば便利です



よろしかったらどれか画像をポチして下さると嬉しいです

にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
2016.05.04 Wed l 簡単セットの作り方 l コメント (4) l top
こんにちは~

今日はポップなお部屋の作り方をご紹介しますね


まずはソファから


用意するのは
厚さ1㎝×幅8㎝のバルサシート
厚さ1㎝幅×3㎝のバルサ材
厚さ3mm×幅10mmのバルサ材

簡単ソファセットで使った円柱(高さ5㎝×4本)

市販の細工棒(後述します)18本

アクリル絵の具(シロ)
ボンド
お好みの布

使い捨て手袋もあると便利です



P1080518ksx.jpg

上の画像のようにそれぞれカットしたら、白でもピンクでもお好みの色を塗って下さい
アクリル絵の具は服につくと取れないから気をつけてね


脚(高さ5㎝×4本)と細工棒にも色を塗ります

P1080523s.jpg


この細工棒は大好きなドールハウス作家のお一人、関美代子先生のオンラインショップで購入しました(3セット)


P1080713s.jpg


pr2ts.jpg


クッションで隠れてしまうので、勿論 円柱を高さ5㎝にカットして利用してもOK



底板の回りを囲むようにボンドで貼り付けます

P1080527s.jpg


細工棒を等間隔にボンドで付けます

P1080530s.jpg


3mm厚×幅10mmのバルサ材を上につけ着色

P1080543s.jpg


「簡単ソファセット」と同じ要領でマットをつくります

段ボールを重ねて布で包むだけです(^-^)

P1080590s.jpg


P1080591s.jpg


P1080598s.jpg


P1080594s.jpg


脚をつけたら完成

P1080600s.jpg



お時間のある方で興味のある方はフロアースタンドも如何ですか?

でも 管理人得意のなんちゃってスタンドなので点灯しましぇん



用意するのはゆで卵とカップアイス、それに高さ25~26cmの円柱(ストローで可)と紙粘土


P1080515s.jpg


よく洗った卵の殻と棒に100均で買ったマニキュアで着色

P1080524s.jpg



カップアイスの蓋に紙粘土を埋め込み

P1080547s.jpg


ボンドを塗ってモザイク状に卵の殻を貼り付け、棒を立てます

P1080548s.jpg


カップ本体にボンドか両面テープで布を巻き付け

P1080603s.jpg



被せたら出来上がり

P1080604xs.jpg




クッションは8㎝角とピンクは9㎝角
壁はグリーンの布地
床は「簡単ソファセット」の壁を使用


P1080649ts.jpg




お疲れさまでした
よろしかったらどれか画像をポチして下さると嬉しいです

にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
2016.04.27 Wed l 簡単セットの作り方 l コメント (4) l top
今日でやっと最後です
クッションや壁を仕上げましょう


P1080469s.jpg


クッションはそれぞれ画像のサイズの端切れを


P1080551sx.jpg


中表に折ったら両端を縫い

P1080444s.jpg


綿を入れて口を閉じて下さい

P1080445s.jpg



不器用なんでこんな縫い目になっちゃいましたが、下にしたら目立たないんで気にせず次に進みます

P1080552sjpg.jpg



次は壁に取り掛かりましょう
要は高さ45×幅66㎝の段ボールに(1)でご紹介したカッティングシートを貼るだけです


もちろん 壁はこんなにデカくなくてOK
壁紙も布でも包装紙でもOKなんですが、私が割高(1080円)のカッティングシートを使う訳は、額の付け外しが紙より容易に出来て、布より接着力があるからです




B4サイズのポリエチレンボードなどの白くて少し厚みのある素材(私はイラストレーションボードを使用)とアートっぽい切り抜きや縮小コピーをご用意下さい

P1080411sx.jpg



B4サイズに収まるように切り抜きを配置したら

P1080412s.jpg


余白を図りながら切り外して下さい


P1080414s.jpg

(すいません、私の足が写ってる・・



そして、お察しの通り縁をマジックで塗っておしまい

P1080449s.jpg


額は作らないのかって?
そんな事してたら「簡単セット」になりません(キッパリ)


まずはソファ関係と壁面の完成です\(^o^)/


P1080569sx.jpg


P1080567s.jpg




サイドテーブルはシナベニヤでもラワン材でも5ミリ厚のバルサ材でもお好きな素材を

下の画像のサイズで組み立てて下さい

P1080566sx.jpg

脚先をちょこっと銀紙(アルミホイルでOK)で包むと高級感が出ます



ノートは以前に買ったミドリ文房具のものですが

P1080448s.jpg


自作するならメモ用紙を6枚ぐらい重ねてホチキスで留め、紙袋などの少し厚めの紙を両面テープでつけたら「なんちゃってノート」の出来上がり


P1080554c.jpg



これで「簡単ソファーセット」の完成です
(敷物状の物はアニマル柄の布地を置いただけです)



お疲れさまでした
最後まで読んで下さってありがとうございます


上と横から見たらこんな感じです

P1080495s.jpg


P1080494ts.jpg



オットマンとかも作ったらもっと雰囲気が出そうですね



P1080584s.jpg


P1080587s.jpg





よろしかったらどれか画像をポチして下さると嬉しいです

にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
2016.04.20 Wed l 簡単セットの作り方 l コメント (8) l top
前回の続きです
メインの3人掛けソファを仕上げましょう



今日はお馴染みの段ボールを使います

P1080415x.jpg

底板に大きさを合わせ、厚さが1.5~ 2㎝ぐらいになるよう段ボールを重ねます
この時は3枚重ねました


P1080417s.jpg

ピッタリ過ぎるより、若干余裕があった方がいいです



そして好みの布地をボンドか両面テープでざっくり覆って下さい(私は両面テープ派)


私の中で「ネコのミヌース」ブームが続いているので緑を選びましたが、生成りなら落ち着いた雰囲気、黒ならグッとモダンな印象になります


P1080419s.jpg


P1080420s.jpg



袖板にも布地をはります

まず、1ミリぐらい内側よりになるよう2ミリ厚のバルサ材をカットします

P1080421st.jpg


P1080422s.jpg



片方の袖と背板にも同じようにバルサをあてがって、それぞれ布でくるみます

P1080423s.jpg


なんか、布に皺よってますが・・どうせ隠れるとこなんで気にしないで行きましょう


上段のクッションも同じように段ボールで作りますが

P1080425s.jpg


ここが第一のポイント
3人掛けなので3分割して下さい
背の部分も段ボールで作ります
(高さは7㎝ぐらい)


P1080428sx.jpg



それぞれ布で包むんですが

P1080429s.jpg


P1080431s.jpg



背になる部分は段ボールが裏から見えないようにして下さい

P1080435s.jpg


なんでなら

P1080436s.jpg


後ろから見た時に段ボールが見えたら不細工だからです


P1080438s.jpg


クッションは固定しない方が張り替えが楽に出来て便利です

ちなみに背板のクッションの下側は30度ぐらいの傾斜をつけた方がイイかな、と思ったんですが、結論から言って、たいした違いはありませんでした


P1080503sx.jpg


脚をたっぷり目のボンドでつけていよいよ完成です!
お疲れさまでした(^-^)


P1080443s.jpg


ここで第2のポイント
脚は紙やすりなどで磨いて高さを揃えておく事、ある程度乾くまで返さない事です

そうしないと脚がぐにゃってなって凄く落胆します
(;д;)


P1080508s.jpg



次回はクッションなどの細々した物を作ってセットの完成です




よろしかったらどれか画像をポチして下さると嬉しいです

にほんブログ村 コレクションブログ バービーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
2016.04.18 Mon l 簡単セットの作り方 l コメント (4) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。